-人生敗北-負け犬の遠吠え

40代独身女の日常を叫びます。

「ソロ」への憧れ

f:id:hitorigurashideikiru:20211130112840p:plain



こんにちは。

 

40代独身女の私です。

 

私は基本インドアなので、あまり積極的に外に出ません。

日々の買い物で仕方なしに外に出るだけです。

(彼氏がいたら・・違うのでしょうね・・・・・・・・)

 

そんな私ですが、インドアの例外が一つだけあります。

 

 

 

・・・それはキャンプです。

 

仲間とするキャンプだけは大好きなんです。

外で焚火、料理、寝るという非日常感がたまらなくいいんですね。

何食べてもおいしいし(と、感じる)、火を焚く私スゴイ感(着火剤&チャッカマン)、テントで寝る高揚感(結果全然寝れない)が素晴らしい。

 

子供の頃の遠足と同じ感覚ですね。

行く前の準備期間が一番楽しかったりします。

 

キャンプで炊く飯盒の白米はそこで食べれば美味しいんですが、家のガスコンロで炊く飯盒白米は「なんか違う、硬い気がする・・」感が半端ないです。

やっぱり炊飯器で炊く白米が一番美味しいんです。

 

だからこそ、キャンプの偉大さが分かると言うか。

キャンプであれば何でも結果オーライになる「寛容さ」が大好きなんです。

これこそ非日常。

日常に「寛容さ」なんてないですから。

 

ただ、北陸住みのためキャンプ期間は4月~10月までしかないのが悲しいところ。

北陸は日照時間が少ないですから。

太平洋側に住んでいる人達がうらやましい!

11月~3月までは、あられや雪や北風ぴゅーぴゅーのため結局ひきこもり。

日常にどっぷりつからなければいけない。

 

ソロキャンしてみたいんですけど、ビビって出来ません。

夜とか絶対怖い気がする。

熊とか猿とか、夜中のトイレも怖いし。

ソロキャンできる人がうらやましいです。

強メンタル、鋼の心臓。

こんな人はきっと何してもうまくやっていけるんでしょうね。

 

今はニートだからか一体何が日常なのかもう分かりません。

今も非日常な気はするけど、楽しいって訳でもないし。

これでニートを満喫できていれば楽しいんでしょうけど、弱メンタルな私は中途半端に楽しもうとして、そして中途半端に落ち込む。

 

きっとソロキャンできる人はニート生活も楽しめる気がする。

強メンタル、憧れる。

 

私は一人なので、たまーにする旅行はもちろん一人で行きますが、毎回、一人より二人の方が楽しいだろうなーと思います。

メンタル弱いんですよ。

 

ここ最近はコロナのせいもあって遠出は全くできてないですけど、気分転換を兼ねてどこか遠くに行きたいものですね。

北海道か九州に行ってみたい。

 

それではごきげんよう